写メ日記 | 大切なこと

大切なこと

大切なこと
この夏、保育園の送迎バスの中、5歳の園児が取り残され熱中症で亡くなりました。

こんな事が起きてはいけないのですが、周りの大人は子供に命の守り方を教えなければならないのでは?と思いました。

このイラストでは「クラクションを鳴らして」なんですが、インスタグラムやツイッターで話題になりメディアでも取り上げられました。

今はチャイルドシートが義務化されていて小さい子供はシートのロックを外せるのか?運転席まで行けたとしてクラクションの鳴らし方がわかるのか?いろんな心配事や問題点が出てきます。

たとえば音を出す事を教えたとして子供が窓をバンバン叩いたとしても小さい手で叩く音に周りが気付けるのか?とかね。

先日、姪っ子一家が買い物に行った時の話。
けっこうな荷物だったので姪っ子ダンナが両手に持てるだけ持って姪っ子は2歳の娘を車から下ろすためドアを開けようした時、姪っ子ダンナがピピッとロックしてしまいました。そしてそのまま家の中へ。

姪っ子は大声でダンナを呼んだけど、このクソダンナはイヤホンで音楽を聴いていたそうで姪っ子の声は届かない。2歳娘は車中で大泣き!既にパニックの姪っ子は家に鍵を取りに行くという事が考えられず、窓を壊したそうです。どうやって壊したのかは聞いてないので不明です。

この時、まだエアコンの冷気が車内に残っていた事が幸いでした。

クソダンナは「もう降りたと思ってた」「鍵を取りにくれば良いのに」「電話すれば良いじゃない」と言って開き直ったそうで···それを聞いた我々は当然の事ながら大激怒❗️てめえのせいだろうがよ❗(怒)

2歳娘を車外に出せた事で姪っ子は抱っこしたまま座り込んでしまったそうです。
姪っ子ダンナがクソ野郎である事はハッキリしましたが、親であってもこのようなアクシデントが起こりうるわけですね。

子供に限らず肢体不自由で車椅子を使う方や声を出せない聾唖者や伝え方が解らない知的障害者、考え出したら止めどないんですけどね。

命の守り方。子供に何度も何度も言い聞かせる。そして教える。これは大人が取り組んでいかなければならない大きな問題だと認識したと思います。

亡くなった5歳の男の子。つらかったね。こわかったね。あなたの事は忘れないよ。

ページTOP