写メ日記 | 諦めない

諦めない

諦めない
末期ガンの患者さんは緩和ケア病棟で痛みを和らげる治療を受けます。亡き母もそうでした。

最近、目にしたネットの記事に末期ガンと闘う女性の姿が描かれていました。

何もしないで最期を迎えるより生きる事を諦めない母親の姿を一人娘に見せたい、と。

病院側は、これ以上の治療は効果が期待出来ないと告げたそうです。緩和ケア病棟で穏やかに過ごしてもらいたかったからです。
それならば!と女性は退院して放射線、投薬、リハビリを受けられる病院を探して生きるために闘う道を模索しました。しかし既に末期の状態。

容体が急変し、救急搬送されたのは緩和ケアを自ら断って退院した病院。苦しみの中、薄らいでいく意識の中で最後のその時まで治療を望んだそうです。

「おかあさん立派だったな」

息を引き取った妻を見て夫は娘にそう声を掛けました。

先日亡くなられた橋田壽賀子さんが「生まれるのは自分で選べない。でも死に方は選ばせてほしい」と言いました。

納得した生き方よりも納得した死に方、終わり方について考える。大事なことなんだ、と考えさせられました。

このコロナ禍に於いて「頑張って」とか「あなたなら大丈夫」とか言われる事が何より辛いのですが、それでも前を見る強さを持たなければ!

朝から重い?そうかもね。でもわざとらしく明るい人っぽく振る舞う方が鬱陶しくないですか?( →_→)

ページTOP